みまもる

みまもる

i 2018年12月17日 コメント数:2 by

 

《ホロトロピックブレスワーク》

ドミトリー先生、ナターリアさん、
マドゥさんDevoteeの方々に囲まれた2日間。

 

もちろん、食事はプラサード♡

 

 

 

マドゥさんは…

『東京と千葉
合わせて20名程の方々が参加し

過去体験し得なかった

今までの人生の棚卸しと、

より深い自己を発見

命の美しさを体感する

まさに

ブレスワーク

命のワークでした!

このワークは
毎年末に
一年の締め括りとして
とても良いワークだなと感じました。

 

毎年
年を重ねていきながら
人生の棚卸し
新たなビジョン
体験することができるので

これから
毎年末に開催していきたいと思いました。

また来年が楽しみです!』

 

 

 

参加者の声…

 

『2日間
とても深くて濃い時間と体験を
分かち合えたことに感謝致します』

 

『ドミートリー先生やマドゥさん、ナタリアさん、皆さまに
見守られ
たくさんの愛を感じた時間でした。

ワーク中から感じていた
みなさまに対する愛おしさが
今も続いてます。』

 

『心も体も軽い感じ

皆さんが傍にいてくれる感じ

効果が続いています。』

 

『それがブレスワーク効果

後からくる

じわじわ感』

 

『その後も
出てくるものに、

まずは何でもに

「はい」って言って

とりあえず
自分の中にあるのを許してあげる』

 

 

 

『このブレスワークでは、

自分は愛するために生まれてきた

ことを思い出させてくれました。

愛したいのにこれ以上傷つくのを恐れ、

「こんなことならずっと1人でいいや」

と何年もの間、

見向きもせずにいました。

けれど、
そんな自分はもうやめます。』

 

 

『同じ時間を過ごし、

一緒に食事を囲んで食べたり、
おやつをつまみながらお話ししたり、

本当の家族のような温かい時間を過ごす

安心と安らぎの空間

二日間頑張れたのは、
優しく見守ってくださる皆さんが
一緒にいてくれたから』

 

 

 

 

『皆がいると言う安心と信頼感からか、
寂しさや不安な気持ちは
全く生まれなかった。

暗闇の中でもたった独りでも、

自分がしっかり立っている印象で

今回は泣かなかった。』

 

 

《シッター(見守る側)をして学んだ事》

苦しんでいる人、

涙を流している人

が目の前にいても

手を差しのべる事だけが
愛ではないと知った。

そっと傍にいるだけで良い場合もある。

自分では
『愛や優しさ』だと思って伝えたとしても

『愛ではなくただのエゴや余計な行為』

にしかならない場合もある。

 

どこまで私がするべきかを感じとり、

愛を持って向き合えたら良い。

 

言葉を交わさなくても感じ取れたら良い。

…恐らくこれは永遠の課題ですが。

だけど、
この2日間は愛でいっぱいだった。

涙が出るほど皆の愛が伝わってきた。

 

 

 

 

 

グリコ

ロシア版(笑)

By マドゥさん^^

 

 

とにかく

もう

余韻が ながーくて。

 

もしかしたら

コレが次元が変わるというのでしょうか?

 

今でもずーーーっと一緒にいる感じ。

 

隔たりがなくなって

つながってる感じ。

 

ヒラいた ??

 

変わってないようで変わった?

 

でも

それも

もういいやって感じ。

 

“体験”

皆さんとできて幸せでした。

 

 

 

ブレスワーク後の週は

 

智子さんがチネイザンに来たり

弘美さんとコメダに6時間(笑)

 

翌日は

ゆりせんせいと5時間半ww

途中から

愛佳さんが加わり3時間半^^

 

 

余韻がながーいワケですな✨

 

来年末、ぜひご一緒に

命のワークをしましょうーー♪

 

 


Comments

  1. マヤマユキ
    2018年12月19日 at 8:11 PM

    あっこさん
    素敵な時間でしたね。千葉の皆さんとご一緒できて良かった、この日に参加できて、とーっても素敵な人たちと巡りあえて良かった!!

    日々愛を気づかせてくれる仲間の存在に感謝です。
    無限に広がってゆきますね。

    Reply
    • akko
      2018年12月20日 at 10:04 AM

      ゆきちゃん
      ふかーくて、濃いぃー2日間でしたね✨
      自分の中の大掃除ができる、年末恒例行事(神事)になりそうだ(^-^♪

      Reply

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください