わたしのすべてをとおして

わたしのすべてをとおして

i 2019年2月21日 コメント数:0 by

“We made 😍”

って
Jayasriちゃんが送ってくれました。

ジャーイ✨ 

ゴウラ・ニタイと
プラブパーダのガーランド❁

 ありがたいです。

先日、ゆりせんせいが
金曜日の夜にお寺に行ったら…

クリシュナ・グルジが
いらしていたようです!(^^)!

マドゥさんとお話ちゅう。

この時、わたしはヨガチャンドラで
チネイザンをしてました(笑)

ゆりせんせいのお帰りを待つ^^

ホテル時代の後輩
まいちゃんを連れて

平日のお昼のアラティに参加。

大切なまいちゃんにも
シェアしたいと思って✨

 サチスノさんとアチュータが
プラサードをくださいました(*‘∀‘)

 まいちゃん、初体験☆
クリシュナ、ありがとう☆☆

 マドゥさんとナターリアと
秋葉原の精進料理を食べました♪

こまきしょくどう -鎌倉不識庵-

 よる23時にバイバイして、
マドゥさんお寺に帰って行きました。

ごめんなさ~い(^^;

わたしも翌日は
ガーランドのセーヴァでお寺へ♪

 お昼のアラティはマドゥさん(^-^)

 

 一緒にプラサードを。

 

話の流れで
マドゥさんから

「あっこさん、あれでしょ?
ヨガの世界によくある
“お花畑〜”
みたいなの
じゃ、ないんでしょ??」

って。

そうなんです。
そこそこー。

ヨガや瞑想や奉仕の時間は、
“現実逃避”じゃない。

んですね。

そこ、大切。

 

ちょうど、
ゆりせんせいからも
↓↓↓

「毎日めちゃくちゃ忙しいですね😆
道具になってる感がハンパないです。」

と。

そうなんです。

“得た”とか“やった”とかいう喜びが、
どうにも違和感で。

ありがたいし、
うれしいという気持ちはあります。

が、
本当の喜びは違うところで感じています。

もらいにくる
搾取するエネルギーの
クレクレ族のときは
満足を味わいに”現実逃避”します。

そういうときも、ある。ある。

ゆりせんせいと
いつも共振共鳴しているのは、

自分たちをとおして

世界に貢献できることが、

そうやって使ってもらえたことが、

与える
分かち合う喜びの機会を
体験させてもらえていることが、

なによりの喜びだなぁ✨
と。

自分が何かしたいんじゃなくて、

わたしのすべてをとおして
目の前の人が笑顔になっている。

その役割をとおして
天に感謝を返しているという実感が

死ぬほど、
シアワセ感じてます。

慈悲をいただいているとき
以上に、
感謝を返せているときのエクスタシー。

愛されることよりも
愛することの幸福感、
みたいな。

見返りや期待のない、
より純粋に。

いろいろだから、

それぞれの役割を
それぞれの喜びを
アレンジしていただいてますね。

『ヨガの成熟度をはかるには、

それが日々の生活にどれほど影響しているか、
私たちの関係をどう豊かにしているか、

そして
どれほどマインドをクリアで静かなものにしているかを
観察する。』

T・K・V Desikachar


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください