アーユルヴェーダでの食べ物が与えるマインドの影響

アーユルヴェーダでの食べ物が与えるマインドの影響

i 2014年10月28日 コメント数:0 by

 

あっコラム30

【メンタルドーシャの浄化~アーユルヴェーダな心の整え方~】

http://lealta.jp/ayurveda-mental-dosha/

 

この記事で食べるものがマインドに影響すると紹介してます。
詳しく説明しますね。

 

サットヴァ(純性)は落ち着き、ピュアな心、進歩的選択をする行いや食べ物

ラジャス(激性)は不安定で、攻撃的で、乱れやすい行いや食べ物

タマス(鈍性)は否定的で変化を恐れる保守的な行いや食べ物

 

心がサットヴァに満ちていれば知性が働き、病気にはならないと言われています。

知性が働けば、自分にとって良いことと悪いことを判断することができ、自分を害するような行為や食べ物を選択しなくなるというスパイラルになります。

また、サトヴィックフードをとることで、頭がクリアになり瞑想がしやすくなるのだそうです。

 

サトヴィックフーズ

バターやギー、炊きたてのご飯、全粒粉、アーモンド、ハチミツ、新鮮で旬の野菜/果物など…これらの食事は身体にエナジーを与えてくれます。

マインドは穏やかでバランスのとれた良い状態=サトヴィックマインドになり、行動は何でもタイミング良く行動できます。

でも気をつけなければいけないのは、食べ過ぎるとタマシックな状態になってしまうので、サトヴィックフードを腹五分目くらい食べるのが良いです。

 

 

ラジャシックフーズ

揚げ物、辛いもの、肉、魚、卵、パン、ヨーグルト、なす、人参、黒豆、オニオン、店頭で販売しているスイーツ、スパイスを使った食事、ニンニクや生姜などの刺激の強い野菜、スナック菓子、普通の牛乳、コーヒー、ティー、タバコ、アルコールなど。

これらの食事は官能性や性欲、貪欲、嫉妬、名声、怒り、迷い、自負心、空想、利己心等を生み出します。

サトビックフーズでも油で揚げたり、煮すぎたり焼きすぎるとラジャシックになり、

マインドは不安定で攻撃的なラジャシックマインドになり、アクティブすぎる行動になります。

オニオンやニンニク、肉などは1回食べるともっともっと食べたいという気持ちになり、食べたいと言う欲求がおさまらなくなります。

ラジャシックフードは神経を元気にしますが、良い方向の元気ではなく、自分のキャパ以上のことがやりたくなる元気さです。

そしてラジャシックなものを食べ過ぎるといつも忙しい人になります。

すべてのことが気になったり、マインドが休まりません。

 

 

タマシックフーズ

加工されすぎた食品、缶詰、冷凍食品、生命力がなくなった食事(乾燥していて、古く、悪いにおいがするもの、腐ったもの、食べて不快なもの、口に合わないもの)、暴力が関係して入手された食事、温かい食事と冷たい食事を同時にとること、食べ合わせの悪い食事、残り物、作ってから8時間過ぎた食事

これらの食事は、悲観主義や、無関心、非常識、貪欲、怠惰、不敬、犯罪傾向、疑いなどを増大させます。

消化中に大量のエネルギーを消費し、

マインドは怠惰で暗いタマシックマインドになり、行動も不活発になります。

これらを食べると、高尚な考えや目的・動機などが奪われ、いつも怠かったり、眠かったり、やる気がなかったり、活発でなくなります。

 

 

これまでの、食事と自分の心や体を振り返ってみてどうでしょうか。

また、これを知ったうえで今後の食事の影響を感じ取ってみると、

これまでとは違う意識で食事や自分と向き合える ようになるかもしれませんね。

 

でも、1番大切なのは…考え過ぎずに、今の自分が何を食べたいのかを感じ取るほうが良いですね。

いっつもじゃなくて、時々は”食べたいものを食べたいだけ、食べる”→そのあとに、身体の声を聴いてみる…この繰り返しで良いと思います。

食事でストレスを生むよりは、食事を心から「身体にしみるぅ。美味しいなぁ~」と味わい・楽しみ・感謝することがサットヴァだと思います。

皆さんの毎日の食事が幸せでありますように…

 

【引用】

ジヴァジャパン・アーユルヴェーダ

http://ameblo.jp/ayurveda-jivajapan/entry-11749229621.html

***Natural+Slow Life***

http://ameblo.jp/otoe0808/entry-11172139683.html

ヨガロータス天満橋~身体とココロの健康を育むヨガスタジオ~

http://blog.goo.ne.jp/uco1q821212/e/0667cd8d00edc5e3813150a7cf69f489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセスランキングに登録しました。
http://redwhiteandblueintheface.info/
クリック宜しくお願いします。


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*