変化しながら繋がっている

変化しながら繋がっている

i 2015年12月10日 コメント数:0 by

転職してから毎年

届けてくださるカレンダー。

image

毎年、この時期になると会社からいただくのです。

それを毎年毎年、くださるのです。

image

私が新入社員の時の部長で

今はGMです(・_・;

ヨガに来てくれています^^;

image

毎年毎年、親が喜んでおります^ ^

それが何より嬉しいです。

 

image

私がキャプテンの頃、

副総支配人室に呼ばれ

「愚痴は聞かないけど、悩みは聞くぞ」

と。

image

COT(coordinator of training)時代も

顔に重度のじんましん出ながら

調理部や関係各所のご協力を得ながら

イチから作った食品衛生講習会。

image

100人のキャストに向けて

飽きさせない、寝させないセミナーに命かけて(笑)

終わった後、

わざわざデスクに電話をくださり

「大人になったね。」と。

image

COTの任期が終わる頃、

幻で終わった部署のメンバーとして声をかけていただいたり。

退職のご挨拶も

特別に時間を作ってくださり(T ^ T)

image

その後はヨガに来てくれています。

不思議です。

ありがたいの極みです。

image

たくさんの尊敬する上司や先輩、

同期や仲間がいてくれて、

今の私が出来ました。

 

ヨガでは「わたし」を捨てて

「何者でもない」本質に向かっていきます。

 

「わたし」がなくなると

あなたも、わたしも、あれも、それも、これも‥

勝手に作っていた

壁や境目がなくなって調和して

「つながる」‥Yogaはつながるという意味

「全てのものとの一体感」‥Yogaのゴール

 

「わたし」があればあるほど、強ければ強いほど

境目は分厚く

つながれず‥イライラやモヤモヤクヨクヨ

苦しみが次の苦しみを連鎖していきます。

 

組織にいるということは

余計な「我」があるとやっていけないのです。

 

自分で気づかないうちに、

周りの笑顔や愛情やユーモアのおかげで

苦しみを生む余計な「自我」を手放していけたのだと思います。

 

固執した考えをいつも解放してくれました。

笑いだったり、涙だったり、

ただただ聞いてくれたり、

シンプルな言葉だったり。

 

ガチガチに閉じていたハートが

ふわぁーと開く。

溜めていたものが

こらえていたものが

握りしめていたものが

流れ出す。

 

そして、

周囲の笑顔につながる「個性」や「欲」は

どんどんサポートしてくれました。

 

感謝の気持ちから

“恩返ししたい”という思いでやってこれました。

そして、私がやってもらったように

私もそうするようになっていきました。

 

ねじれやつまりが解けてパッカーンとなる時は、

『笑っている時』と

『応援している時』だそうです。

つまり、“自我”ではなくて“無私”のとき。

 

「おもしろき こともなき世を おもしろく」

by 高杉晋作

 

そして、祈り。

「ヨガは祈りであり、瞑想である」

by シュリ・K・パタビジョイス先生

 

パッカーンとしてつながっていく経験が

浄化のプロセスではないでしょうか。

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*