何でつくる?

何でつくる?

i 2017年2月23日 コメント数:0 by

いつも美味しいランチをいただく

プライベートレッスン。

キヌアのご飯とサラダ^o^

がごめ昆布と納豆♪

 

その友達が

新聞の記事をくれました。

 

日々の暮らしで幸福感を作りだす

脳内ホンモン“エンドルフィン”

 

 

脳の中心部にある下垂体が作りだすホルモンで

痛みやストレスが加わった時に放出され、

痛みを和らげる作用をもつ。

 

“脳内モルヒネ”とも呼ばれ

多幸感をもたらしたり

かゆみを引き起こしたりする様々な作用が見つかっている。

 

 

「エンドルフィンはゆったりした気持ちよさを誘う。

神経を興奮させて気持ちよくなるのではなく、

幸せ感を高めてくれる。」と。

 

ランニングは

最初にエンドルフィンの効果が確認された方法だそう。

 

 

入浴もエンドルフィンの放出を促す。

研究によると

毎日お風呂に入る人は幸福度が高く、

健康状態も良いと予想されるのに加えて

「入浴習慣がエンドルフィンの放出に関係している可能性がある」んですって。

 

 

強い信念を抱いている状態や

褒められたり

笑ったりする時、

恋愛感情で心がときめいている際にも

エンドルフィンが脳内で作られる。

 

 

疲れた後に

糖分や脂肪分の多い食べ物を食べてもエンドルフィンが出る。

チョコやケーキ、アイス、お肉とかね。

 

どのエンドルフィンにする??

 

 

「闘病中の人でも楽しみを見いだす人は、

先々を悲観する人に比べ

痛みを訴える頻度は低く、

治療の効果も高い。」

と言う医師は

患者の気持ちのあり方によって、

生活の質や

時には治療の効果まで大きく違うと実感してきたそうです。

 

 

〜エンドルフィンを上手に放出する心得〜

●「終活」などしない

死んだ後のことを考えるのではなく、

現在の自分の生き方を見つめ直し

最後まで楽しめることを探す

 

●「呼吸」で怒りを鎮める

 

●「いとおしい」という気持ちを習慣に

“一緒にいたい”

と感じる時、人はどんなかな?

 

●歩幅をちょっと広げ少し速いウォーキング

 

●入浴で快感とリラックスを得る

 

●好きなものを好きなだけ食べる

 

●1日1度の「ウフフ」「エヘヘ」

好きや楽しいを大切に笑いを増やす。

人を喜ばせることを考えたり、

ウキウキ・ワクワクする。

 

入浴で快感とリラックスのため、

ホテル三日月竜宮城へ🌙

 

笑いと

糖分と脂肪分で満たされちゃって。

 

春を楽しむ

ウフフとエヘヘ。

 

好きなものを好きなだけ食べる❤︎

 

 

元気になった! ٩( ‘ω’ )و

 

毎日にホッと一息できますように^^

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*