太陽に祝福されている人

太陽に祝福されている人

i 2017年4月9日 コメント数:0 by

お釈迦様の誕生日に

 

「千葉市の隠れ家ヨガスタジオ
路地裏Shanti+Plus

 

開催の

 

山口佳吾&石川恭平マイソールクラス

Back to Basic WS

に参加してきました^ ^

 

 

 

 

アシュタンガヨガ正式指導者であり、

マイソールブラザーズ(更科有哉、井上英樹に続き)

三男&四男、

インドから帰りたてホヤホヤのお2人。

 

ぴっかぴかの笑顔と

キラキラした瞳と

白い歯が眩しかったー!

 

 

 

 

 

 

マイソールクラスでは

雨の湿度もあいまって

どしゃ降りの大汗💦

 

自分から湯気が出ているのが

ハッキリ見える(笑)

 

久しぶりにビシャビシャでした。

 

バックベンドする前に

「手が滑ったら危ないから、

一度拭いてからやろう」

と言われちゃうくらい(^^;;

 

「いつも、カカトつかんでる^ ^?」

いいえ、まったく。

↑↑↑「指先でもっと歩いてきて。」

ム、ム、ムリす‥‥の図(笑)

 

 

 

 

お2人がつい先日までいたマイソールにて

シャラート先生からの教えをそのまま伝えてくださいました。

 

 

”複雑になった部分を見直し、

不必要なものは取り除きシンプルに

 

 

正しく練習を続ける

 

 

身体とマインドはリンクしているから、
身体が安定しないとヤマ・ニヤマはできない

 

 

”身体を整えて、マインドが整う”

 

 

 

 

 

”呼吸と身体がリンクして、
内側とつながる練習は、

カラダとココロが安定して
自分が整うと、考えが整い、
会う人に優しく出来る”

 

 

”アシュタンガヨガは、アライメントにコミットしない。
なぜなら、八支則のヨガだから

 

 

”アーサナの練習で何が大切なのか、
何を大事にしたいのか・・・

それは

ヴィンヤサ=呼吸に動きを連動させていくこと

だから、

スーリアナマスカーラ(太陽礼拝)

 

 

太陽礼拝が大切な理由は2つ

 

①無償で与えてくれている太陽に感謝

健康でいるには、太陽神に祝福されなければならない

②ヴィンヤサの確認とそれ以降の準備となる

 

 

 

 

アシュタンガヨガの素晴らしいところは

ヨーガチキッツァ(ヨーガセラピー)

という浄化を行うことであり、

 

ポーズをとるだけのエクササイズにしないで

チキッツァ(ヨガ)にする。

 

バンダで引きこむこと、

内臓を浄化させていくこと。

 

呼吸とバンダがつながる感じ。

あらゆるつながりを感じられるようになる。

 

 

 

普通のヨガのダウンドッグ↓↓↓

 

 

アシュタンガヨガのダウンドッグ↓↓↓

(内臓の浄化、呼吸とバンダのつながり、エネルギー、プラーナの流れ)

 

 

 

 

”マインドがあっちこっちにいっても、
ムーラバンダに戻ってくる

 

 

ムーラバンダをしめる感じを

「キュキュッ」

 

前屈でお腹を引きこむウディヤーナを

「ぐぅぅぅー」

 

 

 

アシュタンガヨガのストイックなイメージを「ギュンー」って。

 

オノマトペ多用でした(^^;

 

 

 

”大事なのはリラックス”

首の後ろ、肩回り

自分の呼吸に集中する。

 

 

「太陽礼拝をやらないなんて、罪だよー」

って笑顔が

1番ササった(笑)

 

 

太陽神の祝福を受けて

毎日健康に生きられていることに

感謝出来たら、

イノチに感謝が出来るようになる。

 

 

そう、

誰もが分け隔てなく

いつでも

太陽に祝福されているのです。

 

知ってました(^-^)?

 

 

”身体の健康だけではなく、

不思議なことや、

同じタイミングで、ピィーン!!とか

「これやー!」ってことが増えていく”

 

 

”すべてのタイミングが

ベストで

ジャストで

完璧なんだと体験していくことが増える”

 

 

”つながる、が増える。

いろんなものと。

身体だけではない部分に影響があるよー!”

 

 

 

Practice is all coming.

キラキラとクリアな

良い空気と時間が流れていました。

 

 

 

ゆかちん。

 

 

ゆかちん。

 

 

ゆかちん。

 

 

 

Thank you☆

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*