三位一体

三位一体

i 2018年6月2日 コメント数:0 by

ななさんの解剖学。

 

からだ・こころ・たましい

ボディ・マインド・スピリット

 

これが

三位一体となるとき

 

“今ココにいる”ょ。

って。

 

バラバラだった自分が

ひとつになる

つながる

のが

“ヨガ”

 

 

 

 

だから

まずは身体を知って

身体を見つめていく。

 

って。

 

見えづらい方

目から遠い方

意識を向けていく練習ができると

 

視界が開けていく。

 

って。

 

 

とらわれず、

広がりやフロー、解放へと向かう。

 

 

 

“自分の行い次第で

価値あるものになる”

 

って。

 

意識を向けることで

“存在”

する。

 

って。

 

自分が世界を創っている。

 

人は

見たいものを見て

聞きたいことを聞く。

 

 

 

(自我)恐れや不安や心配か?

(本質)愛や喜びやワクワクか?

 

どちらに意識を注いでますか?

どちらの動機を選んでますか?

 

 

いま

考えたいこと、

集中したいことを

 

“自分で選ぶ”

 

‥‥ヨガをしていくと

これができるようになる。

 

って。

 

観察すること。

 

 

自分の状態を

観察する。

 

 

少しづつでも

アーサナが

深まっていれば

 

‥‥

ヨガしてる。

 

って。

 

 

観察すること。

 

前屈が深まらない人は

“こわい”とこがある。

 

心のブロック

怖さの原因

 

↓↓

観察すること。

解放に向かう手段とする。

 

 

見なかったり、

目をそむけると

 

怖い状態

居心地悪い状態

 

↓↓

カラダはそのまんま

 

だから

“大丈夫だょ”

と向き合ってあげる。

 

 

って。

 

自分自身が宿っている

カラダ

を知ることで

 

自分を知っていく。

 

三位一体へ。

 

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*