恵み

恵み

i 2018年6月1日 コメント数:0 by

 

“大地を守る会”

に入りました^^

 

農家さんの

応援ができれば嬉しい

と思って。

 

そしたら、

なんか

とっても

とっても、

調子が良いのです。

 

 

“大地を守る会”より

↓↓↓

***********************

 

栄養豊富な土作りに
こだわって育てたトマトや

味を守るために
除草剤を使わない大根など

”大地を守る会”
の生産者たちは
労力のかかる方法を実践しています。

 

生命力のある野菜は、
農薬や肥料に頼らず育てる
安心安全はあたりまえ。

 

・有機質肥料を使った土壌作り
・土壌消毒剤、除草剤は使いません
・農薬には頼りません
・化学調味料、食品添加物は不使用が基本
・原材料は基本的に国産のものを使用
・輸入品は有機加工食品を優先します

 

 

 

大地を守る会では、

すべての生産者と
「いつ、何の野菜を、どのくらい、
できるだけ農薬や化学肥料を使わないで作って」
という計画的な栽培をお願いし、

それを全量
買い取る約束をしています。

 

将来の収入を保証することで、
生産者が安心して
農薬を使わない農業を
続けていけるようにするためです。

*********************

 

 

 

ソルナでのTTにて

講座を担当したとき、

ユミせんせいから

ローチョコいただきました。

 

 

 

そしてそして

なんとも

吉兆な

御菓子をいただきました(*’▽’*)

 

 

 

 

【清浄歓喜団】
(せいじょうかんきだん)

奈良時代に
遣唐使が

仏教と一緒に日本へ持ち帰ってきた
「団喜」と呼ばれる
唐菓子・唐菓物(からくだもの)の一種

 

そもそも、
神様にささげるお菓子であり、

聖天様(歓喜天)という仏様
(→ガネーシャに起源を持つ。)

の大好物とされ、
聖天様(歓喜天)の供物とされている
1000年前のお菓子。

 

 

 

 

“清浄歓喜団”

は、唯一、
京都にある創業元和3年(1617年)
老舗店「亀屋清永」

だけでしか製造されていない

このお店でしか作られていないのは、
阿闍梨(あじゃり/高徳の僧)

によって伝授された
「門外不出の秘製法」だからだそうです。

 

このお菓子を作ることが出来るのは
店の当主とその直系のみなんだそうで

作る前にも、
白い割烹着の上から全身にお香を塗って、
身も心も清めるんだそうです!

 

 

こしあんに

「清め」の意味を持つ
7種類のお香
(白檀、桂皮、竜脳、薄荷/はっか、丁子/ちょうじ、肉桂/にっき、胡椒)

を練りこんで、

米粉・小麦粉で作られた生地で
金袋型(茶巾状)に包み、

純正の胡麻油で

20分ほど揚げて作られたお菓子

 

 

以上、引用元

聖天様の大好物!
1000年前のお菓子【清浄歓喜団】
食べてみた!気になるお味は!?

 

 

清められた?

かな?

 

ホントに

ありがたい

のですーー(*´ー`*)

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*