内臓波動

内臓波動

i 2018年6月24日 コメント数:0 by

【内臓とこころ】
著:三木成夫

によると…

 

私たちの生命体は
2つの構成で出来ている。

 

◎体壁系:あたま(頭脳)
…判断、行動=考えるもの

◎内臓系:こころ(心臓)
…感応、共鳴=感じるもの

 

「こころ」とは

胸の奥から、
肚(はら)の底から

感じるもの。

 

それは、内臓波動。

生命の主人公は内臓系だと言います。

 

「あたま」ばかり忙しい現代は

「こころ」がおいてけぼり

だったりします。

 

また、
宇宙リズムが

もっとも純粋なかたちで宿るところが
”内臓系”

 

「大宇宙」と共振する

この「小宇宙」の波を

”内臓波動”と言う。

 

象形文字から読み解いても

「心」=内臓系の象徴

「思」=「あたま」が「こころ」の声に耳を傾けている

「氣」=大宇宙と小宇宙のハーモニーの波
…「氣はこころ」の本来の意味。

 

「こころ」である内臓を整えると
宇宙のハーモニー「氣」が流れる。

 

氣内臓(チネイザン)は

人を
自然本来の状態に戻していきます。

 

「こころ」や
とりまく環境に滞りを感じたら
ぜひお越しください(^^♪

 

 

JR市川駅、京成市川真間駅より徒歩5分

 

ID検索⇒@xxv3899g

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*