自然で在るもの自然に成るもの

自然で在るもの自然に成るもの

i 2018年7月30日 コメント数:0 by

 

最近は、

アーシング

しながらジャパしてます。

 

近所の土手で

風を感じて

視界がひらけて

川の水の音に癒され

 

クリアになってきます。

 

 

 

人間は

60%が水だから、

 

湿った草や芝生とか

水を含んだ砂浜とか

 

海や川に直接っていう

伝導がイイらしい。

んで、

川にチャプチャプしながら

ジャパジャパ‥

 

 

 

ジャパジャパしながら

裸足でテクテク

行ったり来たり。

 

触れたくなるでしょぅーー?^^

 

風で揺れる

葉っぱの音が

サイコウです。

 

 

 

そんな、

自然な時間が増えてく。

 

 

自然と笑いがとまらない。

笑顔、嬉しい、楽しいが

あふれちゃって。

 

南行徳yoga & cafe bres

カラダとココロにやさしい
無添加玄米ご飯ベジプレート

とうもろこしとお揚げの玄米寿司ご飯
豆腐のベジ揚げ餃子
焼きナスとズッキーニのマリネ
セロリと人参のきんぴら
自家製ぬか漬けオリーブオイルかけ
えごまと5種の野菜のスープ

 

 

どこにいても

なにをしていても

 

そこで築いた信頼や

エネルギー(愛)の交換が

結局、残るんですね。

 

 

 

真矢子さんの本棚が大好き。

 

古代の人はエネルギーを

分かって生きていた。

 

カタチになる前のものを

感覚で分かっていた。

 

今よりも

自然に近い暮らし

自然とともに生きていたから。

 

私たちも自然の一部だから。

つながっていた。

 

 

 

 

わたしと愛ちゃんは

思考パターンが似ているようで。

 

↑↑↑

真矢子さんは

気持ちのいいくらい

豪快(笑)

↓↓↓

 

合谷(ごうごく)のツボに

お灸をする。

 

愛ちゃん手作りのスコーン

 

絶対、もいっかい食べたいお豆腐☆

創業90年 北千住
手作りとうふ むさしや

 

秘教を学ばせていただいたことで

出会えた

続いていくご縁。

 

いつも

残る副産物?ご褒美は

“大切な人とのつながり”

 

 

 

1期生として同期入社

だっただけではなく、

 

新入社員の配属先が同じ

だっただけではなく、

 

就職活動中も

代官山で一緒だった

だけではなく、

 

副業NGの会社が

特別に許可してくれていた

浦安市の女性消防団で

お父さまが副団長

だっただけでなく(笑)

 

どんなに世界や自分が

変わっても

いつも変わらない親友。

 

この家族みぃーんなが

いつも“自然体”だから。

 

 

 

アルバイトの子に

「保坂さん、

きょう川原さんお誕生日ですょ」

って教えてもらうまで

毎年、覚えてないから(笑)

 

12年前、

結婚記念日を

わたしの誕生日に

するっていうね。

 

でも今年は

家族全員が1日前を

当日だと思っていて、

みんなまるごと覚えてないし。

 

前日に

お誕生日おめでとうメールが届いたょ(笑)

 

「明日だけどね。フライングww」

って返してはじめて

勘違いに気づく。

 

とうとう

自分たちの結婚記念日まで

忘れるのね^^;

 

そんな、

“ぼんやりした感じ”が

ラクなんだょなぁー(^^)

 

堂々と

“ちゃんとしてない”トコ。

 

かっこイイの。

自然体をいつもありがとう。

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*