ピラミッド、天然塩や納豆菌、味噌の麹、ワラやカヤ、麻(ヘンプ)、腕振り運動

ピラミッド、天然塩や納豆菌、味噌の麹、ワラやカヤ、麻(ヘンプ)、腕振り運動

i 2018年9月29日 コメント数:0 by

あの星が瞬いている理由は、
あの星も迷っているから

 

あの星が輝いている理由は、
あの星も闇を抱いているから

 

あの星が集まっている理由は、
あの星も一人で生まれたから

 

あの星が君に伝えたがってる事が
トキ超えて君に届くと良いな

 

~starkids are ready~

 

どうか、
輝く星の周りにある「闇」こそが
星を輝かせているということを、
子供たちが学べますように。

どうか、
輝くものだけを追い求め、
目に見える物だけを信じる大人に
なりませんように。

「まだ見ぬ世界を創る」
のが自分だと思えるはずだから。

 

 

どうか、
瞬く星は今でも迷っていることを
子供たちが学べますように。

どうか、
迷わない存在なんてどこにも居ない
という事が分かりますように。

いつか必ず来る、
迷う日にも安心できるはずだから。

 

 

どうか、
集まる星々が
万有引力で引きあっているということを、
子供たちが学べますように。

どうか、
この宇宙に「わたし」しかいない
という孤独感など抱きませんように。

寂しくなった夜に、
星空を見上げるだけで
優しさが胸に宿るはずだから。

 

 

どうか、
子供たちが大きくなっても、
その子供たちが大きくなっても、
ずっとそこに星空が在りますように。

 

さとうみつろう
Graviton | サノバロック sun of a rock

 

 

グラビトン…重力子

グラビトン(重力子)とは
重い(=想いの)チカラ

 

重力波は、無限遠点まで届きます。
さえぎっても、
どこまでも届く「」です。

 

原子より小さな素粒子が持つ
プラスのエネルギーと

トラブルや病気の原因となる
マイナスエネルギー

 

 

関英男博士が唱えた
グラビトニクス理論

について↓↓↓

 

天下泰平
〜 滝沢泰平 公式ブログ 〜

 

関英男博士(1905年〜2001年)は、
現代のガリレオ・ガリレイと呼ばれた
天才&異端の工学博士。

 

東京工業大学・ハワイ大学・電気通信大学・千葉工業大学・東海大学の教授を歴任、
紫綬褒章、勲三等瑞宝章を受章し、
電波工学の世界的権威として知られていましたが、

 

一方でまた晩年は

「太陽の表面温度は26度で、
黒点には植物が生えている」

 

という奇説を最初に唱えた人で、
科学者でありながらも
目に見えない世界の解明
真剣に取り組んだ第一人者でもあります。

 

 

 

 

 

そして、
関博士が提唱した中で
もっとも有名なのは
グラヴィトニクス理論というもの。

 

電波受信機の専門である関博士は、
宇宙には
電流や光などの電波の他に、
人間などの知的生命体が発信する念波と、

 

創造主のいる大宇宙の最奥部、
宇宙の中心から送られてくる天波がある

 

という仮説を考えました。

 

 

 

 

電波は横波であり、
100億光年を移動するのに
光のスピードで
100億年もかかります。

 

それに対して
念波天波縦波であり、
100億光年を
1秒間に10の83乗回往復できるほど、
とんでもなく速いものであるそうです。

 

電波や光は、
金属などの障害物があると遮られてしまいますが、

念波天波
遮られることがなく、
あらゆるものを通過するそうです。

 

そして、
大宇宙の中心から送られる天波は、
生きとし生けるものを生かし給える
エネルギーを運ぶ波であると。

 

地球の人間は、
この宇宙の中心の創造主から発信させられる天波
誰もが受信できるシステムとなっており、

 

また一方で
人間が発信する念波
創造主は瞬時に受信でき、

 

この世界は
常に天波念波が飛び交って
エネルギー循環が起こっているそうです。

 

この創造主からのエネルギーを運ぶ
天波を伝える
媒体を

「グラヴィトン=重力子」
と名付けた関博士。

 

ピラミッドから出ているエネルギーも
グラヴィトン波であり、

 

天然塩納豆菌
味噌の麹にも
グラヴィトンは多量に含まれているそうです。

 

 

原爆の被爆者の中で長生きした人々が、
味噌汁などの発酵食を食べていたことが
明らかになっていますが、
これは
グラヴィトンによって回復したもの
と関博士は伝えています。

 

ワラカヤ麻(ヘンプ)にも
グラヴィトンが含まれており、
これらの植物は
特に自然豊かな環境を取り戻す力を持っているそうです。

 

被曝回復に限らず、
あらゆる病気の回復や
若さの秘訣
にも、
このグラヴィトンが関係しており、

 

一般的に
「氣」「プラーナ」
と呼ばれるものと同じようなもの。

 

この
氣(グラヴィトン・プラーナ)
を使い切った時が寿命のようです。

 

 

o0385025013708550897

 

このグラヴィトン波を集めて
増幅させる運動
として有名な健康法が
腕振り運動

 

関博士は、
80代で腕振り運動を始め、
90歳を過ぎても
毎朝2000回くらい行ない、

 

年を取るごとに元気になり、
視力も良くなり、
96歳に他界されるまで
生涯現役で
元気に研究活動に励んでいたそうです。

 

 

 

 

ムズかしくー

ながーく

読むの大変でしたが

『腕ふり』

したら良いょ。

 

『納豆』『味噌汁』

もね。

 

そして

今すぐどこでも出来る

『祈り』のチカラ。

 

グラビトン

必ず“想い”は届く。

 

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*