共に歩む

共に歩む

i 2018年9月26日 コメント数:0 by

食べるヨガ&キルタン♫

食べるヨガ』の著者ヤムナさん
のインドベジ料理のレッスン

 

味見をせず
愛を捧げながら
神さまのために作るということ。

 

私達は
その神さまへの慈悲のお下がりを
プラサードとして頂きます。

 

 

 

 

 

 

Yoga chandraさんの写真

 

 

 

その流れからの
バガヴァッド・ギーター講座は

いつもヨガでご一緒する方たちが
初参加♪

 

3~4人の方の感想が

「もっと難しいのかと思ったら
お話がおもしろくて
ずっと笑って聞いていられました。

特に心に残ったのは… 」

等々。

 

そう。
ヴェーダ伝承継承者であり
元お笑い芸人、
マドゥさんのバガヴァッド・ギーター講座
は、すんごい楽しいの✨

 

 

 

 

『 過去、あったことも

いま、起こっていることも

未来、なるであろうことも

すべて神のご慈悲だ 』

 

この言葉の受け止め方、
あなたはどう思いますか?

 

受け止められない時も、ある。
腑に落ちる時も、増える。

 

共に歩んでいる人たちと

こうやって
シェアする時間が愛おしい✨

 

 

 

 

ギーターの教えを通して

それぞれが浄化のプロセスを歩んでいて。

 

自分の執着にも向き合ったり。

 

でも、すべてのことを

決して

責めたり裁いたり

“いけないもの”
として欲しくないな
と思いました。

なぜなら、

悩んでいても
苦しんでいても
もがいていたとしても、

これまでも
今も
これからも

変わらず、美しいですょ。

 

執着があるってことは、
それだけ自分にとって
”大切”だってことですよね。

それゆえに
執着が生まれるけど、

 

その”大切なものがある”
ってことが

まず
幸せで喜びだよね
って思ったのです。

 

大切なものを
大切に愛で続けたいからこそ、

苦しみや自責の念が生まれた時は、

純粋な喜び

に戻れることが

当面の私たちの目標だと思ってね。

 

まだまだ浄化されてないから(笑)

すぐ神さまの感謝を忘れて
“わたし”目線になっちゃうから(笑)

 

もう、
自力では無理なので^^;

 

マントラ、
ギーター、
ディボーティーのそばにいる、
テンプルに行く、
YouTubeで朝の講話を聴く

 

なんとかして
その蜜をいただかないと
すぐ
マーヤの世界に引っ張られるの
ホントに体感してて。

 

最近は、

出来ていなくても、
なにが起こっても、

“それでも優しさと愛で向き合う”こと

にチャレンジしてます(笑)

ひまー^^;

 

みんなで
こうやって学びながら進んでいける時間が
とってもシアワセです❤︎

 

 

 

わたしのギーターノート

(別名:ダイナミックノート)より^^

 

もともとあったであろう
知性に目覚める
知性が芽生える

そうすると、

 

信頼

大丈夫

現象に大げさに反応しなくなる

”ありがたい”が増える

小さなことに悩まなくなる

コントロールしなくなる

ゆるせる

手放せる

信頼
(あ、戻った)

 

 

魂の本質・ダルマは
”喜びを体験すること”

誰の中にもあって
いつでも選べる

 

ありがたいな
嬉しいな
喜べる能力が高いってことは

”感謝するチカラ”

すべてのものに
純粋さと輝きを見出せる能力。

 

より深く感じることができるために
静かな時間を

いまこの瞬間の自分に安らぐように。

 

 

 

 

みんなで

共に歩んでいこう。

穏やかにゆっくりと。

 

 

バガヴァッド・ギーター 講座
勝田台ヨガチャンドラ

10月20日 (土)16:00~
11月3日(土)16:00~
11月23日(金・祝)13:00~15:00
12月22日(土)16:00~

12月30日(日)14:00~16:00
+キールタン&食べるヨガ

 

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*