お寺ヨガ in 徳願寺

お寺ヨガ in 徳願寺

i 2015年9月24日 コメント数:0 by

9月20日、市川妙典にある 海巌山徳願寺 にて

お寺ヨガ/アシュタンガヨガ~動く瞑想とヨガ8支則~

開催させていただきました。

image

お彼岸初日、境内には彼岸花が咲いてました。

とても立派なお寺で♡

image

この山門には仁王像や大黒天、毘沙門天がいらっしゃって。

1歩入ると、空気が澄みきっていて何とも心地好い。

最高な場所で、大切な人たちと一緒にヨガが出来るワクワクがずっとありました♪

image

常日頃からヨガを通して、色んな話をしてきた皆さんや初めましての方も、

19名の方たちにご参加いただきました。

image

SOLUNA、bres、aceから集まったり、「徳願寺さんを利用してみたかった」という方も!

アシュタンガヨガに初めてチャレンジする方や、ヨガ自体が初めての方も!

image

でも、今日は何でも良いのです。

阿弥陀如来像に向かって太陽礼拝、ウトゥカターサナ♪

image

ダウンドッグをすれば、立派な山門に続く壮大な景色が覗けます。

空気や聞こえる音が静寂で

呼吸もアーサナも五感すべてで、それを味わうような気持ち良さ。

image

あまりの皆さんの集中に…予定変更して、ぶっ通しでプライマリーシリーズ。

止めたくなかったのです。

完全に「動く瞑想」をしていると感じたので。

image

アシュタンガヨガのLEDクラスは執着を捨てていく練習。

出来ても出来なくても良いのです。

大切なのは、ポーズを取る肉体ではなくて、呼吸の波にいかに寄り添えるかだと思います。

無理をしている自分、抱えてきた無意識の緊張や概念、外側からの目を気にする意識、

すべて手放していきます。

image

呼吸をつなげて、流れて、そこに気持ち良さを感じられるようになると

外側に求めることは減っていきます。

自分の内側の心地好さ、静けさ、豊かさを広げることが、外側から得るものよりも満たされることを

”体感”するからです。

もっとも自分が自然な状態に戻れる、何もない“空“の状態。

image

シャバアサナは30分近くしました。

それでも、みなさんの表情や呼吸や発する気が静かで、調和されていて、

仏様のようで…(仏様に足向けてシャバアサナしちゃいましたけどね)

まだまだ、イケる感じでした。

充実した練習が出来ると、シャバアサナは至福です。

眠るのではなく、意識はあるけど

肉体は完全にリラックスしていて

『ただ在る』。

知らずに心身の色んなものがほどけて、中心を感じて、崩れていたバランスが自然に整うので、

ただ寝るのとは違うくらいシャバアサナの質も上がります。

その後、ただただ10分座って。

自分の丹田にエネルギーがちゃんとある時は、安定していくらでも座れます。

普段はすぐに頭も身体もザワザワそわそわしちゃう人も、不思議とイケちゃいます。

image

ヨガは時間を飲み込みます。

時間を超えることは、心を超えること。

「いま、ココ」に集中することの効果、幸福感をとても体感できたと思います。

ちなみに、ひすいこたろうさんは言ってました。

「これまでは、お金持ちがステータスだったかもしれないけど、

これからは、時間持ちがステータスになるよ」

みんな平等に時間は与えられています。空気や太陽の光と同じように。

時間がない、時間がない、そう決めているのは自分の散漫な心だったりします。

過去や未来にばかり意識がとらわれていると、大切な今を味わえない‥‥いつまでたっても満たされないのです。

未来は今を大切に生きた積み重ねがつながるように、

目の前に現れる。

集中すれば、時間はすぐに忘れちゃいます。

いつでも自由です。

image

不思議とスルスルつながった副住職の

ゆるくて、あったかい感じも良くて。

皆さんの質問は

リアルぶっちゃけ寺でした(笑)

image

妙典駅近くのカレー屋でも

ヨガの話は尽きないのです。

みんな、思いっきりヨガの話が出来ることも

楽しい^_^

image

実践を通してだからこそ、

実践がなければ全く理解が難しい

ヨガの奥深さ。

今回は、

アシュタンガ・ヴィンヤサヨガの練習をすることは

アシュタンガヨガ(8支則)をしていることになるテーマで組み立てました。

でも、本当は

皆さんの練習や日々の出来事から

話を聞いて→アシュタンガヨガの練習で8支則がどんな風に活かされるか&影響するかを

伝えたかったです。

夢は膨らむばかりです。

次回も必ずやりたいですね。

シャバアサナの向きだけ、一緒に気にしてくださいね^_^;

 

ありがとうございました☆

参加者の声~その①~はコチラ

参加者の声~その②~はコチラ

 

 

 

 


Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*